アコヤガイ(阿古屋貝、学名 Pinctada fucata martensii)は、ウグイスガイ目ウグイスガイ科に分類される二枚貝の一種。真珠養殖に利用される「真珠母貝」の一つで、天然でも殻内に真珠を持つことがある。クロチョウガイやマベとともに「真珠貝」としてよく知られている。
7キロバイト (672 語) - 2019年12月5日 (木) 02:16



(出典 daroma-shop.jp)


アコヤガイって真珠が入っている貝ですよね!(≧▽≦)
前、大量になくなった時の原因の理由が違うということで、
今回新しい見解が出たみたいですね(;^ω^)
これによって、謎が解明するといいですね!

1 水星虫 ★ :2020/02/01(土) 06:59:12 ID:Rsox89wP9.net

※関連スレ:
【アコヤガイ】去年稚貝が大量ししたから、高水温・低餌に強く高品質の真珠が出来る新たな品種を開発しよう! → 出来ました・愛媛県


去年、宇和海で真珠の養殖に使うアコヤガイの稚貝が大量にしんだ問題で、
原因を調べている県の専門部会は、海水温やエサが直接的な原因ではなく、
海水に含まれる何らかの物質や成分などが貝に異常を引き起こした可能性があるという新たな見解を示しました。

宇和海沿岸では、令和元年7月以降、真珠の養殖に使われるアコヤガイの稚貝が
大量に*でいるのが確認され、研究者らでつくる県の専門部会が原因を調べています。
31日は、松山市で専門部会の会合が非公開で行われ、終了後に、部会長らが記者会見を開いて内容を説明しました。

それによりますと、去年8月から10月にかけて、大量しが起きた愛南町の海域で、
アコヤガイを育てる実験をしたところ、高い確率で、大量死した貝と同じような異常が現れました。
一方、同じ海域の水を薄い膜でろ過して使用した場合は、正常な貝を異常のある貝と一緒に育てても、
異常が出ることはなかったということです。

これまで原因として疑われていた海水温やエサとなるプランクトンの量はここ数年と
大きく変わらないことから、直接的な原因と考えにくいとしています。
このため専門部会では、ろ過で海水から取り除かれた何らかの物質や成分などが
異常を引き起こした可能性があるとみて、国などと連携してさらに詳しく原因を調べることにしています。

01/31 19:10


【【原因は?】アコヤガイが大量になくなった真の理由とは?】の続きを読む