アザラシ


    バイカルアザラシ(Phoca sibirica)は、哺乳綱食肉目アザラシ科ゴマフアザラシ属(Pusa属とする説もあり)に分類されるアザラシ。 ロシア(バイカル湖や周囲の河川)におよそ9万頭棲息する。夏期は湖全体に分布するが、冬期には北部へ集まり、そこで越冬する。
    6キロバイト (622 語) - 2020年2月28日 (金) 06:19



    (出典 www.doubutsu-no-kuni.net)


    画像で見るとわかりますが、
    目が大きすぎて少し不気味ですね😅
    私は目が小さいので大きい人が羨ましいのですが、大きすぎても不気味になるだけですね😱




    1 Hikaru ★ :2020/02/25(火) 20:06:53 ID:sj4Bb3h59.net

    白い毛ふわっふわ バイカルアザラシの赤ちゃん誕生 鳥羽水族館
    https://mainichi.jp/articles/20200225/k00/00m/040/176000c
    毎日新聞 2020年2月25日 18時41分(最終更新 2月25日 18時58分)

     鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は25日、バイカルアザラシの赤ちゃんが誕生したと発表した。同館では初の出産成功で、全国では3例目となる。

     赤ちゃんは22日午後に生まれ、体長約50センチ、体重3740グラムのオス。
    当初、呼吸音がゼイゼイしていたが、2時間ほどで落ち着き、力強く動き始めたという。
    24時間たっても授乳が見られなかったため、母親の「うなりこ」(推定30歳)とは別のプールに移し、人工哺育に切り替えた。

     赤ちゃんはふわふわした白い毛に覆われ、1カ月たつと徐々に黒っぽい毛へと変わっていくという。
    出産を見守った担当者は「バイカルアザラシの飼育を初めてから今年で40年。すくすくと元気に成長してくれることを願っています」と話している。
    赤ちゃんは水槽前のモニター(録画)で見ることができる。

     うなりこは3年前にも出産しているが、この時は死産だった。同水族館で飼育するバイカルアザラシは今回の赤ちゃんを含め7頭になった。

    ◆ くりくりした目が愛らしいバイカルアザラシの赤ちゃん=鳥羽水族館提供

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【【可愛い???】バイカルアザラシの赤ちゃんの姿がこちら!!!!!!!】の続きを読む


    アクセサリー「デルフィス」 ファンシー雑貨「シェルガーデン」 ピンクイルカマーク「ミハマビーチガール」 キャンディーとバルーン「ケイズキャンディステーション」 キッズウェア・アクセサリー「エムワイキャビン」 シーパラオリジナルキャラクター「フレッシュルース」 名物イルタン焼き、八景島みやげ「シーパラダイス食品館」 ぬいぐるみ「ビッグウェーブ」
    29キロバイト (3,225 語) - 2020年2月21日 (金) 07:11



    (出典 cp.jorudan.co.jp)


    傘をさすアザラシも可愛いですが、もう一人の主役が飼育員さんなんですね!!!🤣
    シーパラはもう、小学生以来行ってないですから行ってみたいですね😆



    1 ガーディス ★ :2020/01/12(日) 12:22:37.29 ID:jrPx93Ex9.net

    源平合戦の舞台・屋島(高松市)の山頂にある新屋島水族館が、「SNS映え」で人気に火がついた。

     主役は、傘を差すアザラシとショーでイルカより目立つ飼育員。客の減少で休館を経験したとは思えないほど、人が押し寄せている。

     水面から上半身を出し、前脚で傘を挟む。ゼニガタアザラシの水雨(みう、メス推定22歳)と海雨(かいう、オス同10歳)が、1日1回のショーの中で披露している。

     水槽の前には毎回、県内外から100人ほどが集まる。徳島県吉野川市の会社員、宮田和典さん(40)は「癒やされる」とカメラを片手に話した。

     人気のきっかけは、昨年9月にツイッターで「かわいい」と投稿された写真。たちまち拡散し、ショーの1時間前から待たないと人混みで見えないようになった。梅雨から夏にかけての芸だったが、年が明けても続けている。飼育員の長沼ひかりさん(23)は「やっと報われた」と笑顔だ。

     水族館は昨年に開館から50年を迎えたが、2006年には客の減少で休館に追い込まれた。すぐに今の会社が経営を引き継ぎ、再オープンしたものの、休館を味わった飼育員らは、来場者を増やそうと新しいことに取り組むようになった。

     傘の芸もそれで生まれた一つ。2頭は飼育員がえさをやるとき、手を握ってきた。試しに差し出した木の棒を持てたことから、練習を重ねたという。今は、傘以外の物に挑戦中だ。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17653251/

    (出典 image.news.livedoor.com)

    懐かしいデザインのHP
    http://www.new-yashima-aq.com/newYAQ/home/home.html

    (出典 www.new-yashima-aq.com)


    【【癒される〜】傘差すをアザラシが可愛すぎる!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ