イガイ科 (ムール貝からのリダイレクト)
ムール貝料理は有名で、タマネギやリーキとともに蒸し煮にしたムール・マリニエール (Moules Marinière)・「ムール貝のビール煮」という郷土料理がある。トルコにはムール貝の外套膜の中に詰め物をしたミディエ・ドルマス(midye dolması、「ムール貝のドルマ」)という料理があり、メゼとして供される。
12キロバイト (1,357 語) - 2016年11月20日 (日) 19:49



(出典 nestle.jp)


そ...そんなことあるんですね(;^ω^)
結構地球温暖化って悪化しているってことなんでしょうか?
もっと地球にやさしい行動をしなければなりませんね!




1 ガーディス ★ :2020/02/21(金) 09:47:18.03 ID:aswt1nOJ9.net

【AFP=時事】ニュージーランドの海岸で、海水温の異常上昇により最大50万個のイガイ(ムール貝)が「生きたままゆでられた」状態となり*でいるのが見つかった。海洋専門家らは、気候変動との関連を指摘している。

 イガイの大量しは、オークランド(Au*land)在住のブランドン・ファーガソン(Brandon Ferguson)さんが今月、北島(North Island)の北端近くにあるマウンガヌイブラフ(Maunganui Bluff)ビーチで発見した。

ソーシャルメディアに投稿された動画には、ほぼひざの高さまで貝の死骸が積もった潮だまりを歩きながら、「どれも*でいる。何も残っていない」と驚きを表明するファーガソンさんの様子が捉えられている。

 ワイカト大学(University of Waikato)の海洋生態学者、クリス・バターシル(Chris Battershill)教授によれば、ザルガイなどの二枚貝でも近年同じような大量しがあったという。

 同教授はAFPに対し、これらの大量死に共通しているのは「多くの日照があり、海が静かな状態が長期間にわたり続く、非常に高温な状況」とみられると説明。「高温によるストレスと、水の動きがないために動物が酸欠になる要素が合わさり、動物はやがて*。要は、生きたままゆでられるということ」と語った。

 同教授は、この極限状態の発生はまれであり、「気候変動と関連しているか(と問われれば)、私はしていると思う」と述べた。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17849510/


【【驚愕!】ムール貝が海でゆであがる!!!】の続きを読む