くじら


    ザトウクジラ(座頭鯨・学名Megaptera novaeangliae )はクジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科に属するヒゲクジラの一種。 個体数の減少から1966年に商業捕鯨が禁止されている。 標準的な個体では体長約11 - 14m、体重30tほどの中型だが、時にはそれ以上、とくに南半球では最大
    17キロバイト (2,312 語) - 2019年7月24日 (水) 13:10



    (出典 www.kaizin.com)


    絶滅しそうな動物が多くいる中、その逆バージョンの増加しているんですね!!!
    きっと、長い年月人間達が大事にしてきた事が分かりますね!!!☺️



    1 一般国民 ★ :2019/08/09(金) 21:38:28.14 ID:CAP_USER.net

    南ア沖のザトウクジラが驚異の復活、最新調査で判明 インド洋西部では600頭以下が3万頭超に、「最高のペースで増えています」
    2019/7/22
    NATIONAL GEOGRAPHIC,https://natgeo.nikkeibp.co.jp

    【科学(学問)ニュース+、無条件公開記事のみ】
    ※ソースに動画あり

    (写真)南アフリカ沖のザトウクジラ、マッコウクジラ、セミクジラは、クジラヒゲと脂肪を求める捕鯨者によって絶滅寸前まで追い込まれた。(PHOTOGRAPH BY STEVE BENJAMIN)

    (出典 cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp)


     新たに発表された予備的なデータによると、現在、インド洋西部に生息するザトウクジラは3万頭以上にまで増えているという。この海域のザトウクジラの個体数は約2世紀にわたる捕鯨によって激減し、1970年代末には600頭未満になっていた。

     南アフリカ、プレトリア大学哺乳類研究所のテクニカル・マネージャーで海洋生物学者のクリス・ウィルキンソン氏が率いるチームは、南アフリカ共和国東岸のケープビダル沖を通過する、あるザトウクジラ集団の数を数えた。ザトウクジラは、毎年、南極海域の餌場からモザンビーク付近の繁殖域に移動する。そして研究チームは、2018年の調査とそれ以前のデータに基づき、インド洋西部に3万頭以上のザトウクジラが生息していると推定した。(参考記事:「動物大図鑑:ザトウクジラ」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141218/428837/

    「こんなに多くのクジラが見られたのは本当に嬉しいことです」とウィルキンソン氏は言う。「クジラは地球の裏側まで回遊する動物で、私たち人間は彼らの姿を見て、彼らとつながることができます」(参考記事:「ザトウクジラはシャチから他の動物を守る、研究報告」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/080900301/

     調査に協力した保全団体「ワイルドオーシャンズ」のジーン・ハリス事務局長は、ザトウクジラの個体数の回復は明るい兆候だと言う。「どんなにギリギリに見えても、私たちが正しく行動すれば、種も生態系も回復できることを教えてくれているからです」

    200年にわたる捕鯨で激減、保護へ
     欧米人が南アフリカで捕鯨を始めたのは1790年代のことだった。当時の航海日誌や乗組員の日記から、マッコウクジラ、セミクジラ、ザトウクジラが、クジラヒゲや脂肪をとるために*れていたことがわかっている。クジラヒゲは、クジラの口に並ぶ櫛の歯のような角質板で、今日のプラスチックのように加工しやすく、工業用品や工芸品の材料とされていた。またクジラの脂肪は、ランプや工業機械用の油の原料になっていた。(参考記事:「動物大図鑑:セミクジラ」https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/20141218/428856/

    (動画)南アフリカのザトウクジラは商業捕鯨により絶滅寸前まで追い込まれていたが、1979年の捕鯨禁止から約30年で奇跡の復活を遂げた。(解説は英語です)(FILM BY WILDOCEANS AND OFF THE FENCE PRODUCTIONS)
    ■■略 動画リンク

    次ページ:南半球で毎年数千頭が*れていた

    ■■以上、無条件公開記事


    【【ビックリ!!!!!】ザトウクジラが急激に増加!?!?】の続きを読む


    マイクロプラスチック(英: microplastics)は、(生物物理学的)環境中に存在する微小なプラスチック粒子であり、特に海洋環境において極めて大きな問題になっている。一部の海洋研究者は1mmよりも小さい顕微鏡サイズの全てのプラスチック粒子と定義しているが、現場での採取に一般に使用されるニューストンネットのメッシュサイズが333μm
    25キロバイト (3,560 語) - 2020年2月17日 (月) 07:53



    (出典 techable.jp)


    プラスチックの海

    (出典 Youtube)


    イルカやクジラなどでこんなに入っているとなると、魚もそうだと思いますので、
    人間の体もある程度あるのかもしれませんね!😱



    1 さやか ★ :2019/02/04(月) 07:18:38.33 ID:bIxagpTU9.net

    海岸に打ち上げられたイルカやクジラなどの哺乳類50頭の死体を調べたところ、すべての体内から大きさが5ミリ以下のプラスチック=マイクロプラスチックが見つかったとする研究結果をイギリスの研究グループが発表しました。

    イギリスのエクセター大学などの研究グループは、イギリスの海岸に打ち上げられた動物のうち、イルカやクジラ、アザラシなど10種類の哺乳類、合わせて50頭を調べた結果を31日、イギリスの科学雑誌に発表しました。

    それによりますと、全体からは合わせて273個のプラスチック片が見つかり、このうち9割以上の261個が5ミリ以下のマイクロプラスチックで、すべての個体の消化器から見つかったということです。

    プラスチック片のうち最も多かったのは、魚を取る網や衣服などに使われる化学繊維で、全体の84%、残る16%は容器やペットボトルなどに使われるものでした。

    研究グループは死因にマイクロプラスチックが関わっているかはわからないとしたうえで、「マイクロプラスチックそのものや、表面に付着した化学物質が、これらの動物にどのような影響を与えるのかはまだわかっておらず、さらに研究する必要がある」としています。



    【【驚愕....】イルカやクジラなどの体内から驚くものが.....!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ