ビッグドッグ (カテゴリ 軍用ロボット)
ビッグドッグ(英: BigDog)とは、2005年にアメリカ合衆国のボストン・ダイナミクス社とジェット推進研究所、ハーバード大学が開発した四足歩行ロボットである。 ビッグドッグは起伏の多い地形で歩兵に随伴出来る輸送用ロボットとして用いる為、米国防高等研究計画局による資金提供で開発された。
18キロバイト (2,263 語) - 2019年12月23日 (月) 08:56



(出典 blog.rogiken.org)


どっかのニュースでこのロボット見たことありますけど、すごく細やかで凄いと思う反面、
奇妙が悪いですよね😅
これからの進歩によって役立つ日が来るんでしょうけどね😄



1 47の素敵な(SB-Android) (6段) :2020/02/20(Thu) 14:59:45 .net

鹿島建設、四足歩行ロボ「Spot」を建設現場に導入 自律巡回や遠隔撮影など実験(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00000059-zdn_n-sci

建設現場で働く四足歩行ロボ トンネル内を巡視

(出典 image.itmedia.co.jp)


(出典 image.itmedia.co.jp)


 鹿島建設は2月20日、四足歩行ロボット「Spot」を建設現場に導入したと発表した。
トンネルの工事現場で実証実験を行った後、悪路を歩けるよう改良したという。巡回業務などを自動化し、建設業界の人手不足を解消する狙い。

 Spotは、ソフトバンク傘下の米Boston Dynamicsが開発したロボット。鹿島建設は18年11月、神奈川県のトンネル工事現場でSpotを使った実証実験を行った。

 実験では、360度カメラを搭載したSpotを遠隔操作し、掘削箇所の写真撮影やポンプメーターなどの計器点検を実施。
自律歩行による巡回も試した。実験後、ソフトバンクロボティクスとBoston DynamicsがSpotを改良。
トンネル内の路盤なども歩けるよう、インタフェースプログラムを改善したという。

 鹿島建設は今後、トンネル工事における測量業務などで実証実験をする予定。
傾斜が急な地帯での調査や測量などでSpotが活用できるか検証する。 VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:1000:512: EXT was configured


【【新種のロボット!】四足ある犬みたいな奇妙なロボットwwwww】の続きを読む