リュウグウノツカイ


    リュウグウノツカイ(竜宮の使い、学名:Regalecus glesne)はアカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の一種。リュウグウノツカイ属における唯一の種。特徴的な外見の大型深海魚。目撃されるだけで話題になる場合が多い。 リュウグウノツカイは全身が銀白色で、薄灰色から薄青色の線条が側線の
    23キロバイト (3,135 語) - 2020年2月17日 (月) 01:41



    (出典 uotopi.com)


    最近はリュウグウノツカイが出てきますね😅
    噂なので定かではないですが、こういう予期せぬ事が起きると異常気象が起きやすい!!!
    と言われていますので、そうならないことを祈ります😭



    【【でっか!】リュウグウノツカイが現れた!!!!!】の続きを読む


    リュウグウノツカイ(竜宮の使い、学名:Regalecus glesne)はアカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の一種。リュウグウノツカイ属における唯一の種。特徴的な外見の大型深海魚。目撃されるだけで話題になる場合が多い。 リュウグウノツカイは全身が銀白色で、薄灰色から薄青色の線条が側線の
    23キロバイト (3,135 語) - 2020年2月17日 (月) 01:41



    (出典 zukan-move.kodansha.co.jp)


    リュウグウノツカイ

    (出典 Youtube)


    1匹でもだいぶ珍しいのに2匹でしかもラブラブで泳いでいるなんてかなりレアですよね!😇
    こういう事があると、何かの前兆だと言いますが、今後何が起こるのか......

    1 ばーど ★ :2020/02/16(日) 17:52:34 ID:x0ihgC3Z9.net

    【動画】
    (出典 Youtube)


     生態が謎に包まれている深海魚「リュウグウノツカイ」が2月15日、福井県越前町大樟の漁港で2匹で並んで泳ぐ姿が確認された。越前松島水族館(福井県坂井市)は「寄り添うように泳いでいる映像はかなり珍しく貴重」としている。

     釣りに大樟漁港を訪れた愛知県の夫婦によると、2匹のリュウグウノツカイはともに全長約4メートル。15日午後3時ごろから同5時半ごろまで、漁港周辺を泳いでいた。釣り客ら約40人が写真撮影するなど、珍客に興味津々だったという。夫婦も「2匹は常に離れずにいたのでカップルかと思った」と興奮気味に話した。

     別の男性が会員制交流サイト(SNS)にアップした動画の再生回数は16日夕までに700万回を超え、「神々しい」などと話題になっている。

     越前松島水族館によると、2匹が浅瀬にいた理由や、つがいかどうかは不明。鈴木隆史館長は「生きて見つかることも少なく、2匹が寄り添うように泳いでいる映像は世界的にもかなり珍しいのでは」と話していた。

    2020年2月16日 午後4時40
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1030337

    (出典 fki.ismcdn.jp)


    【【珍しすぎる!】本来深海にいるはずのリュウグウノツカイがラブラブで漁港で泳ぐ!?!?!?】の続きを読む

    このページのトップヘ